2013年5月/コラム

HOME > コラム > アーカイブ > 2013年5月

2013年5月

『天津金木』のi-Phoneアプリ配信開始!

ご報告が遅れましたが、




昨日15日に『天津金木』のi-Phoneアプリが配信されました。



ダウンロードは無料です!








1-thumb-200x300.png







ぼくのお店『ほしよみ堂』の専属占い師、

まり百音先生と共同開発したアプリです。



一年前から企画し、ようやく日の目をみることができました。



ところで、天津金木とは…

国の『易』西洋の『タロット』と同じく、日本に古来より伝わる占術ですが、

れまでは伯家神道の管理のもと、天皇や族のみが扱うことを許された

常に高貴で霊的な占いです。



他の占いと比べても、的中率はダントツ。



無料でダウンロードして、ぜひお試しください!



今、毎朝配信している日刊メルマガで


天津金木の秘密について連載中です。 







登録は無料です。コチラより⇒




理論とセンスが相術の両輪

今日はメーデーですね。
そして『七赤金星』で『丁卯』の日。

七赤金星は、飲食やおしゃべり、恋愛、ファッションなど、

「人生における楽しみ」の部分を表します。


そこから生まれるのは、美意識とセンス。

つまり卓越した審美眼の持ち主でもあるわけです。

「丁(ひのと)」は炎。
「卯(う)」は草木です。
草木を燃料として、燃え続ける炎です。

炎は美意識やセンスの象徴ですから、これも
七赤金星と同じく絶えることのない美意識や
センスを担っているわけです。

さて、今日のメルマガは昨日の続き。
姓名判断を例に、相術の本質について書いてみました。


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
理論とセンスが相術の両輪
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

家相として有名な九星気学の「相術」。

実は「字画」という、見た目で判断する
『姓名判断』も相術に分類されるんです。

ご存知のように姓名判断は、主に
「画数」を使って吉凶を判断する占いです。

名前に使われている「文字」は、わりと直接
イメージしやすい部分ですよね。
「名前」を見るとき、誰でも漢字の意味や
読み方などに意識がいくと思います。

そういう意味で、名前の「文字」は
表面的な部分といえるでしょう。
ようは「第一印象」というわけです。

それに対して「画数」は、パッと見ただけでは意識しづらい部分。

まず辞書で何画かをしらべて、さらに
その「数」がもつ意味を読み解く。
そうして初めて「画数」が意味を生むのです。

家相も、これと同じです。
「方角」は方位磁石を使ったり、
太陽や星の位置を考慮します。
さらに、その方位が象徴する意味を調べて、
はじめて吉凶を判断できる。

つまり、普段意識しない秘められた意味に、
人の運気が左右されるわけです。
本当の意味は、より潜在的な部分に隠されているからなのです。

自分の意志とは関係なく与えられるのが
「姓名」です。
ですが、この「相術」の魅力は、それを
修正できることにあります。

家相であれば、吉相になるよう引っ越しや
新築することで運気が改善されます。

手相であれば、ホクロを取って改善する。
マニアになると「線」自体を刻む人もますが、
日本人でそこまでする人は少ないですよね。

同じく姓名判断も「改名」によって、
改運することができます。

目に見える形を占うのが「相術」です。
だったら、「カタチ」を吉に変えれば、
運勢も吉になるはず。
相術の根底には、このようにポジティブな
考え方があるわけです。

「自分でコントロール可能」というメリットは、

人の心を惹き付けます。

 

ですから相術は人気が高いのです。

しかし、理論を追求すると「ある弊害」が
起こってくる。

それが《美醜》の問題です。
なんだか「カッコ悪く」なってしまう。
ようは…ダサい、野暮ったい、ありきたり、
というマイナスの要因を生むのです。

たとえば、現代的で素朴な雰囲気の部屋に、
シーサーや鳳凰のような置物があったり、
「画数」にこだわるあまり、読みにくい名前になってしまう。

あと、わかりやすいのが「名刺相」です。
名刺にも相術による吉凶があります。
理論に従って、名刺をデザインすると、
ありきたりでダサくなったりします(笑)

相術の本義は、ずばり「美しさ」にある
と、ぼくは思っています。

いくら理論的に正しくても、美しくなければ
「凶相」と考えているのです。

相術は「見た目」を重視する占いです。
それだけに、理論と美しさのバランスが
どの占いよりも問われます。

そこに必要になるのは、

トータルコーディネートのセンスです。

このバランス感覚が占い師の腕の見せ所、
というわけです。



そういうことをセミナーで教えています。
ということで来月、名古屋ほしよみ堂にて
九星気学の1dayセミナーやります。

もちろん今日書いた「家相」についても、
ちょっとしたコツを紹介する予定です。
5月18日(土)15時から3時間。
定員は8名。参加費は7000円です。

現在6名ですから、のこり2席となりました。
ぜひ、この機会にご参加ください!



星読み師☆taka【中島多加仁】


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ブログ[毎朝8時の日刊メルマガ]

有限会社マリアハウス
http://www.mariahouse.co.jp/
渋谷区神宮前3-18-16
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


« 2013年4月 | メインページ | アーカイブ | 2013年6月 »

このページのトップへ