2012年5月/コラム

HOME > コラム > アーカイブ > 2012年5月

2012年5月

日本最古の占術「天津金木」を用いた携帯サイトが初登場!








 

封印されし日本最古の幻占術「天津金木」



そして、



その的中率ゆえ"禁断"とされた中国占術「紫微斗数」



ふたつの占術を用いて、あなたの運命を解き明かします。

 



月額 315円(税込)

 



このサービスは、携帯用コンテンツのため



PCおよびスマートフォンには対応しておりません。







アクセス方法

 

【Docomo】

iMenu▶メニュー▶リスト▶占い▶診断東洋▶占い▶幻の星読み神霊術

 

【au】

auone▶トップメニュー▶リスト▶趣味・スポーツ▶占い▶東洋総合▶幻の星読み神霊術

 

【Yahoo!ケータイ】

Yahoo!ケータイ▶メニュー▶リスト▶占い・心理風水・オリエンタル▶幻の星読み神霊術

 



URL:http://dwdw.net/hoshiyomi/



こちらのQRコードを

携帯電話のバーコードリーダー機能で読み込んでいただくと

スムーズにアクセスしていただけます。

新しい仕事のチャレンジ



紫微斗数の命盤で「ことし(2012)」を観るとき、

「辰」の宮を中心に考察します。

 


ぼくの命盤の「辰」には、

天機星と天梁星がいます。



天機星は、変化の星。

新しいアイデア、新しい人脈を生み出す力を持っています。



天梁星は、職人の星。

これまでの努力が報われる暗示です。



天機は柔軟ですが、天梁は頑固です。

天機は情報を欲しますが、天梁は堅実を求めます。



とにかく今年は、例年になく「やるき」がみなぎっています。

新しいアイデアがばんばん出て困っています。



ゆえにその結果、ブログの更新が後回しなわけですね。すみません。

そのぶんtwitterでつぶやいていますので、

ぜひ、それで勘弁してください!笑



さて。今年は「壬」ですから、

天梁に化禄が飛び、武曲に化忌が飛びます。



つまり、ぼくの太歳宮に座す天梁に「化禄」が飛星するわけです。



ちなみに化忌が飛星する武曲は「財帛宮+身宮」にいるのですが、

そこは太歳でいうと「子女宮」にあたります。



これは、暦からの飛星を説明しているわけです。



つぎに、ぼく自身の命盤の「天干」からも飛星してみましょう。



ぼくの辰には「庚」がついています。

庚から化禄を飛ばすと太陽に。

庚から化忌を飛ばすと天同に。

それぞれ飛星します。



化禄が飛星する太陽は子女宮にありますが、天盤では夫妻宮になり、

それは対宮である「官禄」を照らしてくれます。



化忌が飛星する天同は疾厄宮ですが、天盤では「財帛」に相当します。



仕事運は上々ですが、財運が悪いわけですね。

これは、今までやったことがない新しいビジネスに挑戦するため、

出費が多くなり、回収に時間がかかるという意味になります。



これまでやったことがない仕事。

つまり、実績のない仕事に挑戦する。




そんな年です。



仕事には3つの形態があります。

サラリーマンか、フリーランスか、経営者か。

厳密に言うとサラリーマンにも正社員、契約社員、派遣社員の別があります。

フリーでも、完全フリーと出向型のフリーもあるでしょう。



経営者にも雇われ経営者や、下請け企業経営、完全独立経営者によって全然違います。



どの仕事スタイルが自分にあっているのか?

そんなの本来は占うまでもない。

自分の意思によって決めればいいことです。



なぜなら、失敗したって自分自身を呪えばいいのだから。



でも中には「できれば失敗したくない」とか

「失敗は最小限に食い止めたい」なんて思う人がいるでしょう。

そういう人たちのために運命学があるのです。



正直言うと、ぼくは失敗したっていいと思っているのです。

どんな失敗でも、かならず立ち直れる気概があるからです。



それと、もうひとつ。

ぼくは分際をわきまえて仕事をしています。

できることだけやっている。

できそうにないことは、はなっから興味を示さない。

そういう気持ちで仕事をしています。

だから大きな失敗もなく、小成功とか中成功を断続的に勝ち取るわけです。

ほどほど。そこそこ。分相当の仕事で満足しています。



でも、皆がみんなそういう性格ではないし、

基本人間は野心と不安でいっぱいなんです。

だからどうしても占術が必要になってくる。



紫微斗数にかぎらず、多くの占術は、

そのひとの性格や癖を割り出してくれます。



それだけでなく、いつ成功して、いつ失敗するかという時期。

どこに成功の鍵が落ちていて、どこに落とし穴が潜んでいるか。

それらを明確に記されています。

ようは『宝の地図』なんですね。



その占術のなかでも、

四柱推命は、かなりズバッと厳しく教えてくれます。

紫微斗数は、やさしいけれど細かく教えてくれます。



だからその両術を使い分けるのです。



ぼくの財運が良くなるのは今年じゃなくて来年です。

今年は、出費が多いので、

無駄打ちしないように、しぼっていかねばなりません。



とりあえず「ほしよみ堂」は予想どおり順調です。

メンバーも充実してきましたし、

各人の向上も目を見張るものがあります。



今月からは、「紫微斗数」と「天津金木」の携帯コンテンツも始まります。

また、ちょっと遅れ気味ですが、専門書も出版されます。



あと、映像を使って

占術および占術家の育成強化を計った情報を公開してゆきます。

ご期待ください。



6月からは、異常なほど忙しくなるため、

鑑定を減らす方向で、

もしかしたら来年から新規の鑑定は受けないかもしれません。



もちろん、そのために弟子を育成し、

ほしよみ堂を立ち上げたのですから。



星読み師★taka【中島多加仁】



« 2012年2月 | メインページ | アーカイブ | 2012年6月 »

このページのトップへ