2007年3月/コラム

HOME > コラム > アーカイブ > 2007年3月

2007年3月

みなさんこんにちは!

原宿で占いをしております、星読み師takaです。
鑑定をはじめて13年になります。
これまでは口コミと、ブログ読者から、多くのみなさまの悩み相談をさせていただいておりました。


じつは占い師のほかにヨーロッパ古着屋の経営もしておりますが、ぼく自身を占った結果、今年から「占い」と「古着屋」のウェートを逆にしたほうが良いと判断しました。
鑑定の受付は、これまでどおり完全予約制には変わりありません。


まずは、より多くの人たちに、本格的な東洋占術のすばらしさを知っていただきたくて、このホームページを開設しました。


ぼくたち人間は、何の確証もなく、ただ漠然とした、そのときのひらめきと直感のみで生きています。もちろん周囲の先駆者の助言を参考にしたり、先生や先輩らのご意見を受けて、最終的には自分で道を選択せねばなりません。


ぼくも東洋占術という本格的な占いに傾倒するまでは、どうしても「自分のやりたいことをやる」という選択しかありませんでした。


ただし、「何をやっていいか分からない」「何をやってもダメな気がする」という時期を誰しも体験します。


そのときに、たまたま優れた指導者や、親身になってくれる友人がいれば問題ありませんよね。


でも、そういうひとが身近にいるのって、かなりラッキーだと思います。


しかし、人間というのは、自分の体験したことしか助言できないもの。
いくら信頼できる先輩や友人の助言であっても、どうしても納得できない問題ってありませんか?


たとえば恋愛と結婚、そして離婚問題ですね。
これは、やはり自分の気持ちが最優先されます。
それと相手の本心を知りたいですし、タイミングがとてもたいせつです。


あとは転職の問題。
これは逆に、自分のことをよく知っている人だからこそ相談できにくい部分もありますよね。


そういう時に、ほんとうに頼れる相談者が欲しいとは思いませんか?


じつは、ぼく自身が、そういった悩みの局面での相談者に恵まれてきました。
その人たちは、みな優れた占術家です。


グレードの高い占術家とは


自分の体験や経験に振り回されることなく、本人の特質をよく理解し、その悩める人自身の、この先の方向性をよく玩味した上で、「こうしたほうがいいよ」「なぜならね.....」と具体的にアドバイスできる専門家です。


そういう意味で、ぼくは、みなさんの本音の部分にスポットを当てて、そのひとの真の幸福のためのアドバイスをしてきました。


ありがたいことに、口コミでどんどん広がっています。


昨年は、ぼくにとって大きな転換期でした。
そのとてつもなく巨大なハードルを乗りこえて、いまがあります。
このサイトをご覧いただき、もし、なにか感じるものがあるのなら、いちどぼくにゆだねてみてください。


あなたにとって、もっとも有利な選択肢を見つけて差し上げられると思います。



星読み師★taka

メインページ | アーカイブ | 2007年4月 »

このページのトップへ